菅澤 彰子(すげさわ・あきこ) 公式サイト~イタリア建築・都市史

⇒Contatto お問い合わせ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

イタリア建築・都市関連

菅澤 彰子(すげさわ・あきこ)-プロフィール

イタリア建築・都市史が専門。現在、イタリアのトスカーナ丘陵に佇む中世のまちに住む。
工学修士、学芸員の資格を持つ。ヨーロッパ各地の都市や建築、美術館を歴訪。
北アフリカのモロッコに親戚があり、アラビア語を少し話す。

◆研究目的でイタリアへ_[関連図書] 南イタリアへ!

大学で建築設計デザインを中心に学んだ後、大学院では建築理論・建築史を修める。
法政大学大学院の陣内研究室に所属し、南イタリアでのフィールド調査をベースに、地中海の都市研究に専念。
修士課程在学中、南イタリアの歴史的都市と居住空間を研究テーマとして扱い、
イタリア政府給費試験に合格してバーリ大学建築学部へ留学(1996-97年)。1998年修士号取得。
1998-99年ミラノで都市建築デザイン事務所勤務、ヴェネツィアとアッシジに1ヵ月ずつ住んだ。

◆執筆・翻訳

これまでの論考には『南イタリア都市の居住空間』(中央公論美術出版 2005年)など、
プーリア、シチリア、サルデーニャ関連のものがある。トスカーナに関しては、依頼を受けて
『日伊文化研究』(日伊協会 2010年)、『イタリア文化事典』(丸善出版 2011年)へ 執筆している。
最新のものは『イタリアのトスカーナ州における小都市とそのテリトリー活性化に関する調査研究』
(公益財団法人アーバンハウジング 2015年)。翻訳に、パルマ大学A.マンブリアーニ教授の論考
「イタリアにおける建築設計と研究の方法上の変遷」(法政大学大学院エコ地域デザイン研究所 2008年)他。

◆旅のコーディネーターとして

一方で、都市視察旅行へ通訳として同行した2006年をさかいに、旅のコーディネートを始める。
本物の文化を伝える機会に恵まれる点と、日本の人々の関心に直接触れられる点に魅力を感じている。
また、ホテルやB&Bリヤドパラドールなど宿泊施設のトレンドと都市構造との関連性に興味があり、
イタリア以外にも、ヨーロッパや北アフリカ等の地中海圏にフィールドを広げている。
普段はイタリアに生活の拠点を置き、休暇は、家族が住む日本かモロッコで過ごすことが多い。

イタリア建築・都市関連のご依頼はこちら
⇒Contatto お問い合わせ
_

|イタリアのB&Bとは_|ローマのホテル_|フィレンツェのホテル_|ヴェネツィアのホテル_|ミラノのホテル
|アマルフィ海岸のホテル_|ナポリのホテル_|アッシジのホテル_|ボローニャのホテル_|ミラノサローネ
_|ローマのB&B _|ヴァチカン美術館_|ミラノ 最後の晩餐_|ローマの現地ツアー_|イタリア鉄道の切符
_|モロッコのリヤドとは_|マラケシュのリヤド_|モロッコ国内移動_|マドリードのホテル_|バルセロナのホテル
_|スペインのパラドールとは_|代表的なパラドール_|ローマ・テルミニ駅近ホテル_|ヴェネツィアの宿泊エリア
_|マテーラのサッシとは_|マテーラのホテル_|マテーラへの行き方_|アルベロベッロのトゥルッリ
_|パリのホテル_|東京/ 渋谷&原宿のホテル


Copyright 2011- Akiko Sugesawa All Rights Reserved.