「イタロ」と「フレッチャロッサ」の違い~イタリアの列車は比較してから予約がおすすめ


HOME>イタロとフレッチャロッサ、どっちの列車を予約?

_

イタリアの列車予約は、どっちを選ぶ?あなたは「イタロ」派?それとも「フレッチャ」派?!

_

イタリア旅行での国内移動には、高速で快適な特急列車がおすすめです。

イタリアの主要都市を結ぶ特急列車は年々速度が上がり、徐々に移動時間が短縮されて、
ミラノ万博が開催された2015年には、ローマ~ミラノ間は最短3時間未満でつながるようになりました。

イタリアには主に2つの鉄道会社の特急列車が走っています。
旧国鉄のトレニタリアがメジャーで、他にNTVという数年前からの新しい会社があります。

トレニタリアは最新型の超特急「フレッチャ」の3つのシリーズで主要都市間を結び、
イタリアを南北に結ぶメインルートは「フレッチャロッサ」が走ります。
また、それとほぼ同じ幹線区間を "列車のフェラーリ" との異名を持つNTVの「イタロ」が走っています。

_

フレッチャシリーズ 赤ラインの「フレッチャロッサ」 Trenitalia が公式に発表している路線図
フレッチャロッサ

_

フェラーリと同じ色の車体が際立つ「イタロ」 NTV が公式に発表している路線図
イタロ

_

さて、これらの列車は、いったいどのくらいの頻度で運行されているのでしようか?

例えば、2016年2月23日(火)にナポリからフィレンツェへ午前中に移動したいというときは、
以下のような時刻表になります。

①イタロ9908 ②フレッチャロッサ9414 ③フレッチャロッサ9520 ④フレッチャロッサ9418 ⑤フレッチャロッサ9526 ⑥イタロ9914 ⑦フレッチャロッサ9528

_

これらの主要駅を結んでいる特急列車の切符は、全席指定になりますので、
事前に予約して座席を確保しておく必要があります。

早ければ早いほど、割引のチケットが手に入るチャンスなので、
とりあえずは、現在の状況をチェックしてみましょう。

「フレッチャ」シリーズも「イタロ」も同時に比較して
列車のチケットを予約&購入できる便利な日本語サイトがありますのでご紹介します。

二区間あるなら、せっかくなので両方に乗るようにすると、旅の楽しみが増えると思います。
たとえばローマ~フィレンツェ間を「フレッチャロッサ」で、
フィレンツェ~ヴェネツィア間を「イタロ」で、ということも可能です。

主要都市では駅がいくつもありますので、駅名には注意してください。

各都市中心部の駅名は、ローマでは「テルミニ Termini」駅、
フィレンツェでは「サンタ・マリア・ノヴェッラ S.M.Novella」駅、
ヴェネツィアでは「サンタ・ルチア S.Lucia」駅、
ミラノやナポリでは「チェントラーレ(中央) Centrale」駅になります。

_

フレッチャロッサもイタロも、どちらもいいのですが、ひとつ大きな利点を挙げるとすると、
発着駅に専用のサロン(待合室)を持っているイタロは、旅慣れない人にも非常にありがたいことと思います。

トレニタリアのサロンもあることにはあるのですが、フレッチャの乗客すべてが利用できるわけではありません。
一方、イタロの場合は、予約切符を見せれば、誰でもサロン内に入り、列車を待つことができます。

イタリアの鉄道駅には改札がないため、構内に様々な人が出入りして混雑していますが、
専用のサロンなら、リアルタイムの運行状況をチェックしながら、治安の面でも安心できます。

特に大きな駅から出発の場合、具体的にはローマ、ミラノ、ナポリ発の方には、
あまり価格に差がなければ、イタロのほうをおすすめしたいですね。

_

treni「フレッチャロッサ」と「イタロ」を比較

_

イタロとフレッチャロッサ、どっちの列車を予約? に関して
⇒Contatto お問い合わせ

_

|ローマのホテル_|フィレンツェのホテル_|ヴェネツィアのホテル_|ミラノのホテル_|イタリアのB&Bとは
|アマルフィ海岸のホテル_|ナポリのホテル_|アッシジのホテル_|ボローニャのホテル_|ミラノサローネ
_|ローマのB&B _|ヴァチカン美術館_|ミラノ 最後の晩餐_|ローマの現地ツアー_|イタリア鉄道の切符
_|モロッコのリヤドとは_|マラケシュのリヤド_|モロッコ国内の移動_|ヴェネツィアの宿泊エリア
_|スペインのパラドールとは_|代表的なパラドール_|ローマ・テルミニ駅近ホテル_|パリのホテル
_|マテーラのサッシとは_|マテーラのホテル_|マテーラへの行き方_|東京/ 渋谷&原宿のホテル

⇒Home ホームへ戻る


Copyright 2011- Akiko Sugesawa All Rights Reserved.