マテーラの「サッシ」とは?~南イタリアの洞窟都市マテーラ


HOME>洞窟都市マテーラの「サッシ」とは

洞窟都市マテーラの「サッシ」とは、そもそも何?世界遺産として価値が認められた理由や、その魅力とは?

南イタリアのバジリカータ州にあるマテーラは洞窟都市として知られています。
マテーラには「サッシ Sassi」と呼ばれる、洞窟住居群による独特の景観がみられます。

1993年にユネスコの世界遺産に登録されてから注目されるようになりました。
マテーラのサッシには、いったいどのような特徴や価値があるのでしょうか?

私が最初にこの南イタリアのマテーラを最初に訪れたのは1994年。
日本ではまだ、ほとんど知られていない存在で、情報も少ない時代のことでした。

深みあるマテーラの「サッシ Sassi」というテーマですが、
その特徴や魅力、価値などを、7つの項目で以下にわかりやすくまとめました。

_

マテーラの「サッシ(洞窟)」とは?

_

①マテーラで「サッシ Sassi」とは、旧市街の地区を意味します。
"Sassi"は「洞窟住居」と訳されることがありますが、実際にはマテーラ旧市街の地区のことを指しています。
"Sasso Barisano"と"Sasso Caveoso"というふたつの「サッソ」と名の付く地区を複数形で「サッシ」と呼んでいます。
イタリア語で"sassi"は石の意味。マテーラの大文字で始まる"Sassi"は、旧市街にある岩場の居住地を意味しています。
(マテーラの旧市街は、この他に"Civita" と"Piano"という地区があり、4つの地区から成ります)

_

②マテーラの地盤は、洞窟が自然と形成されるような性質があります。
マテーラのあるバジリカータ州グラヴィーナ渓谷周辺の地質は、石灰岩質です。
石灰岩には風雨の浸食によって自然に穴が形成されるという性質があり、マテーラでは洞窟を多く目にします。
つまり洞窟は、マテーラの風土が生んだ天然の住居であり、サッシには旧石器時代から人が住んだ可能性があります。

_

③マテーラのサッシは、原始的な住居が今日まで現存する稀な例です。
長い歴史の中で形成されたマテーラ旧市街の建物は、洞窟部分と建築された部分とが混ざり合っています。
ユネスコ世界遺産によると、サッシへの居住の歴史は9,000年以上前にさかのぼるとされており、
その言葉を借りれば「失われた文明 una civiltà scomparsa」が現存していることになります。

_

④マテーラのサッシには、自然を活かしたエコシステムが整っています。
マテーラのサッシは、自然環境を活かす仕組みがあるという点に、価値を見出されました。
自然の地盤利用や、貯水槽による水の供給システム、多くの小広場の有効性などが評価され、
一度は荒廃してしまったマテーラの旧市街ですが、保存・再生される方向に転換されました。

_

⑤マテーラのサッシは、南イタリア初のユネスコ登録世界遺産です。
上記の評価を受けて、世界遺産登録。イタリアは世界で最も世界遺産登録数が多い国ですが、
南イタリアにおいては、1993年にマテーラのサッシが初めて登録される、という快挙でした。
これにより、マテーラのサッシは、人類の文化遺産として世界から公式に認められます。
_
ユネスコ世界遺産登録名称 「マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園」
* 伊語: I Sassi e il parco delle Chiese Rupestri di Matera
* 英語:The Sassi and the Park of the Rupestrian Churches of Matera

_

⑥マテーラのサッシの景観は、記憶として残るダイナミックなものです。
マテーラの洞窟空間は、住居だけでなく、岩に掘られた教会が150以上もあります。
内部空間だけでなく街並みも圧巻。神秘的な教会群と、無数の洞窟住居によって、
グラヴィーナ渓谷の斜面に、他に類を見ない景観が織りなされています。

_

⑦マテーラのサッシでは、多くの名作映画が撮影されてきました。
時空を超えるようなイメージを持つマテーラのサッシは、
さまざまな映画の重要作品の舞台として選ばれ、撮影されてきました。
キリスト教を題材とした古典作品が主で、代表的なものは以下のとおりです。
_
『奇跡の丘 (原題: Il Vangelo secondo Matteo)』 - ピエル・パオロ・パゾリーニ監督、1964年
『エボリ (原題: Cristo si è fermato a Eboli)』 - フランチェスコ・ロージ監督、1979年
『明日を夢見て (原題: L'uomo delle stelle)』 - ジュゼッペ・トルナトーレ監督、1995年
『パッション (原題:The Passion of the Christ)』 - メル・ギブソン監督、2004年
『マリア (原題: The Nativity Story)』 - キャサリン・ハードウィック監督、2006年
『オーメン (原題: The Omen)』 - ジョン・ムーア監督、2006年
『ベン・ハー (原題: Ben-Hur)』 - ティムール・ベクマンベトフ監督、2016年
『ワンダーウーマン (原題: Wonder Woman)』 - パティ・ジェンキンス監督、2017年

_

その他のマテーラ関連の記事はこちら

【マテーラでは「洞窟ホテル」を選ぶべき? ~ マテーラおすすめホテル】⇒

【マテーラへは、どうやって行くの? ~ 洞窟都市マテーラへの行き方】⇒

【アルベロベッロのトゥルッリに泊まるには ~ おすすめトゥルッリ7選】⇒

_

_

洞窟都市マテーラの「サッシ」とは に関して
⇒Contatto お問い合わせ

_

|ローマのホテル_|フィレンツェのホテル_|ヴェネツィアのホテル_|ミラノのホテル_|イタリアのB&Bとは
|アマルフィ海岸のホテル_|ナポリのホテル_|アッシジのホテル_|ボローニャのホテル_|ミラノサローネ
_|ローマのB&B _|ヴァチカン美術館_|ミラノ 最後の晩餐_|ローマの現地ツアー_|イタリア鉄道の切符
_|モロッコのリヤドとは_|マラケシュのリヤド_|モロッコ国内の移動_|バルセロナのホテル_|パリのホテル
_|スペインのパラドールとは_|代表的なパラドール_|ローマ・テルミニ駅近ホテル_|ヴェネツィアの宿泊エリア
_|マテーラのサッシとは_|マテーラのホテル_|マテーラへの行き方_|アルベロベッロのトゥルッリ
_|東京/ 渋谷&原宿のホテル

⇒Home ホームへ戻る


Copyright 2011- Akiko Sugesawa All Rights Reserved.