ミラノサローネ Milano Salone ~見学のために実践すべきこと


HOME>ミラノサローネ へ行く方法

ミラノ・サローネ Milano Salone へ行きたいのですが、実現するためには何をすればいいのでしょうか?

_

通称「ミラノサローネ」として知られている国際家具見本市は、
毎年4月、イタリアのミラノで開催されます。

この見本市は、正式名称を、
「サローネ・デル・モービレ・ミラノ Salone del Mobile.Milano」 といいます。

_

Il salone è mobile color chairs [ミラノサローネ 2009年の展示風景]

_

最新2017年のミラノサローネは、4月4日(火)~9日(日)の期間で行われ、
2000のメーカーやデザイナーが出展、世界165カ国から343,602人が見学に訪れました。

ミラノサローネは、1961年代から続いている長い歴史を持つ見本市ですが、
現在の開催地は「Fiera Rho Milano フィエラ・ロー・ミラノ」という見本市会場で、ミラノ郊外にあります。

「フィエラ Fiera」というのがイタリア語で見本市会場のことで、
ミラノに隣接する「ロー Rho」市にあります。
(正確には「ロー Rho」と「ペーロ Pero」"というふたつの市の境にあります)

_

フィエラ・ロー・ミラノは、2005年に完成したので、
それまでのフィエラと比較して、「新・フィエラ」と呼ばれることがあります。

設計は、ローマ出身の建築家マッシミリアーノ・フクサスによるものです。

フクサスは、現代イタリアを代表する国際的な建築家のひとりで、
彼の作品は日本にもあるので、日本でも知名度が高いと思います。

_

Fieramilano Rho Pero 02 [フィエラ・ロー・ミラノ]

_

さて、ミラノは、ヨーロッパの国イタリアにあります。

家具やインテリア業界ではエキスパートでも、海外旅行に慣れていない人には、
ミラノサローネの見学は、ややハードルが高いと不安に感じられるかもしれません。

でも実はそんなに難しいことではなくて、誰でも実現することができます。
あたりまえのことのようですが、次の3つを順にクリアすればOKです。

海外初心者だけど「日本からのパッケージツアーには参加したくないな」という自由派の方、
あるいは「思い立ったら今すぐに実行したい!」という行動派の方に、ご参考いただけると思います。

_

手順① ミラノへの往復航空券を買います

_

まず、航空券から考えましょう。

_

航空券の場合は、とにかく先手必勝。迷っている間に、どんどん状況が変わるので、
みるみるうちに価格が上がってしまうことも。思い立ったが吉日です。

おすすめの航空会社は、やはりアリタリア航空。
2017年現在、日本とミラノの間を直行便でつないでいるのは、アリタリアのみです。
成田~ミラノ間の直行便フライトが、夏期は毎日、冬期は週5便飛んでいます。

_

航空券【ミラノ行きの往復航空券を探す】⇒

_

ミラノには、空港がふたつありますので注意してください。
大きな国際空港がマルペンサ(MXP)、小さめの空港がリナーテ(LIN)です。

日本からの直行便は、郊外のマルペンサ国際空港に着きます。
国内線や欧州線はリナーテに着くことが多いので、経由便の場合はリナーテの確率が高いです。

_

手順② ミラノのホテルを予約します

_

次にホテル探しですが、まずフィエラ(見本市会場)の位置から確認してみましょう。

_

_

フィエラは、ミラノ北西部のやや郊外ですが、地下鉄(赤ラインM1)を使えば、
市内中心部から簡単にアクセスできます。

例えば、ドゥオモから赤ラインM1で、Rho-Fiera(ロー・フィエラ) 方面行きの地下鉄に乗り、
終点Rho-Fiera 駅下車します。所要時間約20分。

ミラノ市外に出ますので、切符は市外料金のものが必要となります。
乗車の際(使い始め)には、切符を有効化するために、刻印を忘れずに!
(片道 2.50€ -105分間有効 往復 5.00€ -片道あたり105分間有効 1日券 7.00€)

_

さて、フィエラ(見本市会場)の位置が確認できたところで、
ホテルの立地としては、サローネだけが目的ではないのなら、郊外のローよりも、
観光やショッピング等、ミラノ旅行を満喫できる市内中心部への滞在がいいと思います。

_

ホテル選びに迷ったら、
【ミラノお勧め7つのホテル】⇒をぜひ参考になさってみてください。

やはり土地勘がないと、ホテルはどのあたりがいいかわからないもの。
「迷ったらここ!」という、ミラノの定番ホテルを紹介しています。

_

毎年、サローネの期間、ミラノのホテル料金は驚くほどに高騰します。

多忙な中、決断のギリギリまで迷っていると空きがなくなってしまうので、
日程が決まったら、とりあえずでも予約しておいたほうがいいと思います。
(ホテルのキャンセル条件には、注意してください)

_

手順③ EXPOの入場券を買います

_

最後に、サローネの入場チケットをどうするか、という問題が残ります。

これは日本語のサローネ公式サイトで詳しく紹介されていますので、
ご参照いただけると思います。

【ミラノサローネのチケットについて調べる】⇒new

_

_

以上をクリアすれば、大丈夫です。

いずれも、ごくごく簡単なことばかりなので、
サローネに行こうか行くまいかで悩むことは、もう何もないと思います。

サローネの開催地は、ミラノだけど、イタリアなんだけど、
今の時代、行きたい人なら、誰でも行けるところです。

旅の初心者だからと、ためらう必要はありません。難しく考えないことです。
「なんだ、こんなに簡単なことだったんだ!」と思えるなら、実現できるでしょう。

_

なお、海外旅行になるので、パスポートを持つのは、大前提です!

出発までに必要な日数があれば、航空券やホテルの予約後にもパスポートは申請できます。
予約はすべて、パスポート記載のローマ字の氏名になるので、綴りには細心の注意を。

では、よい旅を。Buon Viaggio!

_

その他のおすすめサービス

送迎 【空港~ホテル間の送迎サービス】⇒newiconをあらかじめ手配しておくと、移動が快適で安心です。

現地ツアー
【ミラノ発の現地ツアー】⇒new
icon を利用すると、市内観光も、他の街に足を伸ばして小旅行も可能です。

_

イタリア語ができなくても、【イタリア旅行会話本】⇒new があると便利です。

_

ミラノサローネ へ行く方法 に関して
⇒Contatto お問い合わせ

_

|ローマのホテル_|フィレンツェのホテル_|ヴェネツィアのホテル_|ミラノのホテル_|イタリアのB&Bとは
|アマルフィ海岸のホテル_|ナポリのホテル_|アッシジのホテル_|ボローニャのホテル_|ミラノサローネ
_|ローマのB&B _|ヴァチカン美術館_|ミラノ 最後の晩餐_|ローマの現地ツアー_|イタリア鉄道の切符
_|モロッコのリヤドとは_|マラケシュのリヤド_|モロッコ国内の移動_|ヴェネツィアの宿泊エリア
_|スペインのパラドールとは_|代表的なパラドール_|ローマ・テルミニ駅近ホテル_|パリのホテル
_|マテーラのサッシとは_|マテーラのホテル_|マテーラへの行き方_|東京/ 渋谷&原宿のホテル

⇒Home ホームへ戻る


Copyright 2011- Akiko Sugesawa All Rights Reserved.