スペインのパラドールとは?~パラドールへの宿泊をお勧めする7つの特徴


HOME>スペインのパラドールとは

スペインで人気の宿「パラドール」とは?ホテルとパラドールは、どう違うのでしょう?!

スペインを訪れるなら、スペイン特有の宿泊施設「パラドール」に泊まってみたいもの。
1928年に最初のパラドールが生まれて以来、1960年代を中心に増えて、スペイン全土に広まりました。

スペイン観光の質の向上や文化財の保存、自然環境の保護などに役立っているそうですが、
実際にスペインのパラドールとは、いったいどんなものなのでしょうか?

以下、パラドールの特徴を7つにまとめてみました。
歴史や政治も含めた興味深い話を、7つの項目で分かりやすく立体的に説明します。

_

スペインの宿泊施設、「パラドール」の特徴とは?

_

【特徴1】スペインのパラドールとは、ホテルの一種です。
パラドールは、ホテルとは別のものと考えがちですが、そうではありません。
"Paradores de Turismo de España"という名のホテル・チェーンが展開するホテルです。
「スペイン観光のパラドール」という意味になります。

_

【特徴2】パラドールには、スペイン政府がかかわっています。
まったくの民間運営ではなく、歴史的に国が推進し、出資してきた面で、
一般のホテルとは大きく異なります。スペインが世界に誇る、国策の成功例です。
1991年からは、国が唯一の株主である株式会社というかたちになっています。

_

【特徴3】100近い数のパラドールが、スペイン全土にあります。
パラドールの歴史は、1928年、国王アルフォンソ13世の時代に
マドリード近郊に生まれた "Parador de Gredos" から始まりました。
2016年の時点で、93のパラドールがスペイン全土にあります。(計画中を含めると95)

_

【特徴4】パラドールには、観光活性化の側面があります。
国が投資しているだけあって、観光面での国策が反映されており、
日本でいう「地域活性化」「まちおこし」のような意味あいがあります。
国じゅうの価値あるものをホテルという手法で、地方観光を促進してきました。

_

【特徴5】パラドールには、ユニークな建築やロケーションが多いです。
パラドールの建物自体やロケーションは、スペイン国家の重要財産レベルです。
古城や宮殿、修道院などの古い文化遺産を修復されものがよく知られていますが、
景勝地や自然の中で素晴らしい眺めを望む、新しく建てられたモダンなタイプの建物もあります。

_

【特徴6】主要都市に、パラドールはありません。
マドリードやバルセロナをはじめ、スペインの主要都市にパラドールはないのです。
多くのパラドールが、なかなか旅行者が足を運びにくい、地方の小さな町にあります。
そして、町にひとつ。パラドールの名前は、その町の名前が付けられている場合がほとんどです。

_

【特徴7】パラドールは、ホテルとしてのグレードが高めです。
国営ホテルといいますと、庶民的なのでは?! と想像しそうですが、
実際には4つ星以上がほとんどで、ラグジュアリー感のあるパラドールが主流です。
また郷土料理レストラン併設も多く、その土地のよさを味わうのに価値の高い宿泊施設です。

_

スペインの代表的なパラドールとは?

_

その他のスペイン関連の記事はこちら

【マドリード おすすめ 7つのホテル ~ スペインの首都で快適な滞在を】⇒

【バルセロナ おすすめ 7つのホテル ~ ガウディ建築巡りの拠点として】⇒

_

treni⇒ スペイン国内移動のために、列車の切符を探す new

_

スペインのパラドールとはに関して
⇒Contatto お問い合わせ

_

|ローマのホテル_|フィレンツェのホテル_|ヴェネツィアのホテル_|ミラノのホテル_|イタリアのB&Bとは
|アマルフィ海岸のホテル_|ナポリのホテル_|アッシジのホテル_|ボローニャのホテル_|ミラノサローネ
_|ローマのB&B _|ヴァチカン美術館_|ミラノ 最後の晩餐_|ローマの現地ツアー_|イタリア鉄道の切符
_|モロッコのリヤドとは_|マラケシュのリヤド_|モロッコ国内移動_|マドリードのホテル_|バルセロナのホテル
_|スペインのパラドールとは_|代表的なパラドール_|ローマ・テルミニ駅近ホテル_|ヴェネツィアの宿泊エリア
_|マテーラのサッシとは_|マテーラのホテル_|マテーラへの行き方_|アルベロベッロのトゥルッリ
_|パリのホテル_|東京/ 渋谷&原宿のホテル

⇒Home ホームへ戻る


Copyright 2011- Akiko Sugesawa All Rights Reserved.