イタリアでの宿泊にB&Bをお勧めする7つの理由
イタリアのB&B


HOME > イタリア B&Bをお勧めする理由

_

イタリア旅行の宿泊先選びに
B&Bをお勧めする7つの理由をご紹介します!

_

B&Bとは、英語の「ベッド・アンド・ブレックファスト Bed and Breakfast」の略で、
イタリアでは比較的新しい、ホテルとは異なる形式の、朝食付きで客室を提供する宿泊施設です。

2001年の観光に関する見直し法案成立以来、イタリアでおしゃれなB&Bが年々増えてきています。
手頃な価格と気楽なスタイルが人気となり、従来のホテルを追い抜く勢いさえ感じられます。

_

B&Bイメージ画像

_

イタリアへ行くとき、ホテルに泊まるか、それともB&Bにしたほうがいいのか、
これは近年の旅行者たちにとって、実に悩ましい選択になってきています。

「でも、ホテルとB&Bって、いったい何が違うの?」という疑問が湧いてきますね。
ここでは、B&Bをお勧めする理由を上げながら、ホテルとの違いをわかりやすく説明しています。

加えて、B&Bを利用するときの細かい注意点を述べていますので、ご参考ください。
最後に都市別のおすすめリストにて、お好みのB&Bを具体的に探すこともできます。

_

関連記事: ローマでホテルよりもB&Bに泊まりたい方に 【 ローマでおすすめのB&B 7選 】⇒

_

イタリアでB&Bへの宿泊をお勧めする7つの理由

_

【 理由 1 】 ホテルよりも料金がリーズナブルです。(宿泊税も低めです)

_

B&Bに泊まろうと考えるとき、何といっても一番の魅力は料金の安さではないでしようか。

必ずしも安いところばかりではないですが、リーズナブルなところが見つかりやすいのがB&Bの特徴です。

_

【 理由 2 】 シンプルな宿泊施設です。

_

イタリアにはもともと「アフィッタカーメレ(affittacamere) 」という「間貸し」の宿泊施設が存在していました。

それに朝食をつけたかたちが、イタリアでのB&Bとなっているものが多く、シンプルな宿泊施設です。

_

【 理由 3 】 街に暮らすような雰囲気が味わえます。

_

街の中心部にある建物内に、B&Bがあることが多いです。

ですから、感覚的には、キッチンのない部屋のアパート暮らし、という感じになります。

_

Booking.com

_

【 理由 4 】 アットホームなホスピタリティが期待できます。(→ 少し変わってきました)

_

B&Bは小規模なため、経営側の顔が見えやすく、ホテルに比べてアットホームな特徴があります。

ただ、コロナの影響もあり状況が変わってきて、セルフ・チェックインが普及しつつあります。(※後述します)

_

【 理由 5 】 街の中心や眺望を望む、優れたロケーションのB&Bもあります。

_

街のど真ん中で、本当にいい場所にあるアパートメントがB&Bになっていたりします。

眺めのいい部屋を持つB&Bもあるので、ぜひ探してみてください。

_

【 理由 6 】 宿泊客の満足度が高い宿泊施設には、B&Bが多くみられます。

_

ホテルが宿泊客から満点に近い評価を得るのは珍しいことなのですが、

B&Bでは、非常に高い口コミを獲得しているところが多いという特徴があります。

_

【 理由 7 】 驚くほどラグジュアリーなB&Bが存在します。

_

価格が安めなものが見つかりますが、豪華で素晴らしいB&Bがあるのも事実です。

B&Bによって、宿泊施設の多様性の幅と選択肢が広がります。

_

Booking.com

_

イタリアのB&Bに泊まる際の注意点

_

*多くのB&Bには、ホテルのようなフロントがありません。

_

事前に到着時間の連絡をするよう求められ、チェクイン前・チェックアウト後に荷物を預かってくれないことも。
また、何かあった時の安心感は、24時間体制のフロントがあるホテルのほうが高いといえます。

_

*建物や部屋などの鍵をいくつも持たされます。

_

ホテルと違い、自分のルーム・キーだけを持つわけではありません。建物そのものに入るのにも鍵が必要です。
「建物の大扉は、日中は開いていますけれど、夜間は自分で開けてくださいね」という具合。

_

*部屋の清掃やシーツ・タオル交換が毎日ないところがあります。

_

これはB&B毎に異なるようです。「3日おきに清掃します」と明記してある場合もあります。
ビジネスの出張等で、毎日パリッとしたい方には、ホテルでの宿泊のほうがおすすめかもしれません。

_

*ベッドがダブルのみのところが多く、3名以上ではソファベッド利用となる可能性も高いです。

_

寝室にダブルベッドを置き、居間のソファベッドを広げて「4名宿泊可」とするような仕様が多いようです。
ツインルーム(個別のベッド)指定は、ホテルのほうがしやすい傾向にあります。

_

*朝食が簡易式の傾向にあります。

_

法律上、B&Bでは調理した食事の提供が認めらないことがあるようで、朝食は袋入りのビスケット等の可能性も。
近くのバール(カフェ)で、カプチーノとブリオッシュ(甘い菓子パン)等の朝食を提供するところもあるようです。

_

Booking.com

_

*ちょっとした地域差があります。

_

B&Bの法律は、州ごとに細かく決められています。なんと、B&Bそのものを正式には認めていない州もあります。
イタリアには北から南まで20の州があるので、法律も20通り。その分、地域差が出てくるわけです。

_

*B&Bには、ホテルのようなランク分けがありません。

_

ホテルですと星がいくつ、という表示があって、グレードの判断ができるのですが、B&Bにはそれがありません。
要するに、ピンからキリまで多種多様。そのため、いくつかの予約サイトでは独自の分析でランク分けしています。
ロケーション・料金・写真・広さ・設備・口コミなどもご参考に。

_

*旅行代理店に頼むものでなく、自分で予約すべき宿です。

_

そもそもB&Bとは、自由な旅人のためのシンプルな宿泊形式。旅行会社では、ほとんど取り扱いがありません。
誰かに頼りたい人には向かないかも。ハプニングさえも悠々と楽しんでしまう、粋な大人のための宿です。

_

*連絡はWhatsAppで、というB&Bも多いです。

_

連絡手段はE-mailや電話の他、WhatsAppのメッセージでコンタクトを取ってくるB&Bが多いです。
日本ではスマホでのやり取りにLINEが主流ですが、ヨーロッパではWhatsAppが主流なので、対応できれば◎。

_

*セルフ・チェックインのB&Bが増えています。

_

現地で誰とも会わずに行うことができる、セルフ・チェックインがB&Bでは増えてきています。
その場合、アクセス・コード(パスワード)を受け取るには、E-mailやWhatsAppでのやり取りが必要となります。

_

都市別にB&B を探す

_

ローマ おすすめB&B ローマで人気のB&B を探す⇒new

ローマでは、パンテオン~トレヴィの泉~スペイン階段~ポポロ広場あたりへの宿泊がおすすめです。

_

フィレンツェ おすすめB&B フィレンツェで人気のB&B を探す⇒new

フィレンツェでは、ドゥオモ~シニョーリア広場~ヴェッキオ橋周辺に見どころが集中しています。

_

ヴェネツィア おすすめB&B ヴェネツィアで人気のB&B を探す⇒new

ヴェネツィアには、水の都ならではの個性的なB&Bも!サンマルコ広場~リアルト橋周辺が観光の中心です。

_

ミラノ おすすめB&B ミラノで人気のB&B を探す ⇒new

ミラノでは、ドゥオモ~モンテナポレオーネ~ブレラ地区なら、観光もショッピングも存分に楽しめます。

_

好きな街の B&B を自分で探す

_

◎その他の役立つ関連情報
 

【イタリアの特急列車「フレッチャロッサ」と「イタロ」の違いとは】⇒

【旅の強い味方!覚えなくても通じるイタリア旅行会話本を探す】⇒new

_

_30日で話せるイタリア語会話⇒new_旅の指さし会話帳mini イタリア(イタリア語)⇒new_単語でカンタン!旅行イタリア語会話⇒new

_

_旅行グッズへ

_

イタリア B&Bをお勧めする理由に関して
⇒Contatto お問い合わせ

_

*ローマのホテル_*フィレンツェのホテル_*ヴェネツィアのホテル_*ミラノのホテル_*アマルフィ海岸のホテル
_*イタリアのB&Bとは_*ナポリのホテル_*アッシジのホテル_*ボローニャのホテル_*ミラノサローネ_*ローマのB&B _*ヴァチカン美術館_*ミラノ[最後の晩餐]_*ローマの現地ツアー_*徒歩で巡るローマの観光ルート_*ローマの最高級ホテル_*ローマ・テルミニ駅近ホテル_*ヴェネツィアの宿泊エリア_*マテーラのサッシとは_*マテーラのホテル_*マテーラへの行き方_*アルベロベッロのトゥルッリ_*ピサのホテル_*パレルモのホテル_*タオルミーナのホテル_*イタリア鉄道の切符_*マドリードのホテル_*バルセロナのホテル_*スペインのパラドールとは_*代表的なパラドール_*パリのホテル_*モロッコのリヤドとは_*RIAD del Marocco_*マラケシュのリヤド_*モロッコ国内移動__*東京/ 渋谷&原宿のホテル_*BEST 7 HOTELS in ROME_*I 7 MIGLIORI HOTEL a ROMA_*LES 7 MEILLEURS HÔTELS à ROME_*LOS 7 MEJORES HOTELES en ROMA_* 7 лучших отелей в Риме_*أفضل 7 فنادق في روما_*罗马推荐7家酒店_*羅馬推薦7家酒店_*로마 최고의 호텔 7 개_*BEST 7 HOTELS in MILAN_* I 7 MIGLIORI HOTEL a MILANO_*BEST 7 HOTELS in AMALFI COAST_

ページトップ to Top


Copyright © 2011 - Akiko Sugesawa All Rights Reserved.