イタリアでの宿泊にB&Bをお勧めする7つの理由


HOME>イタリア B&Bをお勧めする理由

イタリア旅行の宿泊先選びに、B&Bをお勧めする7つの理由をご紹介します

B&Bとは、英語の「ベッド・アンド・ブレックファスト Bed and Breakfast」の略で、
イタリアでは比較的新しい、ホテルとは異なる形式の、朝食付きで客室を提供する宿泊施設です。

2001年の観光に関する見直し法案成立以来、イタリアでおしゃれなB&Bが年々増えてきています。
手頃な価格と気楽なスタイルが人気となり、従来のホテルを追い抜く勢いさえ感じられます。

イタリアへ行くとき、ホテルに泊まるか、それともB&Bにしたほうがいいのか、
これは近年の旅行者たちにとって、実に悩ましい選択になってきています。

「でも、ホテルとB&Bって、いったい何が違うの?」という疑問が湧いてきますね。
ここでは、B&Bをお勧めする理由を上げながら、ホテルとの違いをわかりやすく説明しています。

加えて、B&Bを利用するときの細かい注意点を述べていますので、ご参考ください。
最後に都市別のおすすめリストにて、お好みのB&Bを具体的に探すこともできます。

_

イタリアでB&Bへの宿泊をお勧めする7つの理由 ~B&Bのメリット

理由1:ホテルよりも料金がリーズナブルです。(宿泊税も安めです)

理由2:街に暮らすような雰囲気が味わえます。

理由3:多くが家族経営なので、高いホスピタリティがあります。

理由4:街の中心や眺望を望む、優れたロケーションのB&Bもあります。

理由5:宿泊客の満足度が高い宿泊施設には、B&Bが多くみられます。

理由6:大勢で泊まれるようなB&Bもあります。(家族旅行や友達同士に)

理由7:驚くほどラグジュアリーなB&Bが存在します。

_

イタリアのB&Bに泊まる際の注意点

※ホテルのようなフロントがありません。⇒事前に到着時間の連絡をするよう求められ、チェクイン前・チェックアウト後に荷物を預かってくれないことも。また、何かあった時の安心感は、24時間体制のフロントがあるホテルのほうが高いといえます。

※建物や部屋などの鍵をいくつも持たされます。⇒ホテルと違い、自分のルーム・キーだけを持つわけではありません。建物そのものに入るのにも鍵が必要です。「建物の大扉は、日中は開いていますけれど、夜間は自分で開けてくださいね」という具合。

※部屋の清掃やシーツ・タオル交換が毎日ないところがあります。⇒これはB&B毎に異なるようです。「3日おきに清掃します」と明記してある場合もあります。ビジネスの出張等で、毎日パリッとしたい方には、ホテルでの宿泊のほうがおすすめかもしれません。

※ベッドがダブルのみのところが多く、3名以上ではソファベッド利用となる可能性も高いです。⇒寝室にダブルベッドを置き、居間のソファベッドを広げて「4名宿泊可」とするような仕様が多いようです。ツインルーム(個別のベッド)指定は、ホテルのほうがしやすい傾向にあります。

※朝食が簡易式の傾向にあります。⇒法律上、B&Bでは調理した食事の提供が認めらないことがあるようで、朝食は袋入りのビスケット等の可能性も。近くのバール(カフェ)で、カプチーノとクロワッサン等の朝食を提供するところもあるようです。

※ちょっとした地域差があります。⇒B&Bの法律は、州ごとに細かく決められています。なんと、B&Bそのものを正式には認めていない州もあります。イタリアには北から南まで20の州があるので、法律も20通り。その分、地域差が出てくるわけです。

※B&Bには、ホテルのようなランク分けがありません。⇒ホテルですと星がいくつ、という表示があって、グレードの判断ができるのですが、B&Bにはそれがありません。要するに、ピンからキリまで多種多様です。ロケーション・料金・写真・広さ・設備・口コミなどをご参考に。

※代理店に頼むものでなく、自分で予約すべき宿です。⇒ホテルですと星がいくつ、という表示があって、グレードの判断ができるのですが、B&Bにはそれがありません。要するに、ピンからキリまで様々です。ロケーション・料金・写真・広さ・設備・口コミなどをご参考に。

_

都市別にB&B を探すにはこちらから

ローマ おすすめB&BRomaローマ おすすめ 7つのB&B ⇒

ローマでは、パンテオン~トレヴィの泉~スペイン階段~ポポロ広場あたりへの宿泊がおすすめです。

_

フィレンツェ おすすめB&BFirenzeフィレンツェで人気のB&B を探す⇒new

フィレンツェでは、ドゥオモ~シニョーリア広場~ヴェッキオ橋周辺に見どころが集中しています。

_

ヴェネツィア おすすめB&BVeneziaヴェネツィアで人気のB&B を探す⇒new

ヴェネツィアには、水の都ならではの個性的なB&Bも!サンマルコ広場~リアルト橋周辺が観光の中心です。

_

ミラノ おすすめB&BMilanoミラノで人気のB&B を探す ⇒new

ミラノでは、ドゥオモ~モンテナポレオーネ~ブレラ地区なら、観光もショッピングも存分に楽しめます。
_

自分の好きな街のB&B を探す

_

その他の役立つ関連情報

【見所いっぱいのローマをどう巡る!?~ローマ観光7選&徒歩モデルコース】⇒

【イタリアの特急列車「フレッチャロッサ」と「イタロ」の違いとは】⇒

treni【イタリアで都市間を移動するため、列車の切符を探す】⇒new

_

旅行グッズへ

_

イタリア B&Bをお勧めする理由に関して
⇒Contatto お問い合わせ

_

*ローマのホテル_*フィレンツェのホテル_*ヴェネツィアのホテル_*ミラノのホテル_*アマルフィ海岸のホテル
_*イタリアのB&Bとは_*ナポリのホテル_*アッシジのホテル_*ボローニャのホテル_*ミラノサローネ_*ローマのB&B _*ヴァチカン美術館_*ミラノ[最後の晩餐]_*ローマの現地ツアー_*徒歩で巡るローマの観光ルート_*ローマ・テルミニ駅近ホテル_*ヴェネツィアの宿泊エリア_*マテーラのサッシとは_*マテーラのホテル_*マテーラへの行き方_*アルベロベッロのトゥルッリ_*ピサのホテル_*パレルモのホテル_*タオルミーナのホテル_*イタリア鉄道の切符*マドリードのホテル_*バルセロナのホテル_*スペインのパラドールとは_*代表的なパラドール_*パリのホテル_*モロッコのリヤドとは_*マラケシュのリヤド_*モロッコ国内移動__*東京/ 渋谷&原宿のホテル_*BEST 7 HOTELS in ROME_*I 7 MIGLIORI HOTEL a ROMA_*LES 7 MEILLEURS HÔTELS à ROME_*أفضل 7 فنادق في روما_*BEST 7 HOTELS in MILAN_*BEST 7 HOTELS in AMALFI COAST_

⇒Home ホームへ戻る


Copyright 2011- Akiko Sugesawa All Rights Reserved.